君が一番輝く瞬間を

小島健くんを中心に関西12年組ととあくんと...

強い気持ちで小島担!!!

2017年末に書いていたけれど、まとまらなくて、長々としてしまった、ずっと下書きに入れていた振り返りツイートの成仏の場を見つけたので、成仏します。

やりました。延命です。とりあえずは無事に延命です。本日で小島担を名乗り始めて3年、小島健くん4年生無事に始まりました\(^o^)/

私事ですが急な引っ越しの可能性が生じたためにドル誌、テレビ誌全て解体したんですね。小島くんをちらちらと見始めてからの3年半の楽しかった思い出がたくさんフラッシュバックしてきて、春の松竹座に足を運んで、やっぱり小島くんしかいなかったんだなって。なので、前置きが長くなりましたが、下書き成仏のための記念日ブログです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1ヶ月、1つのコーナーを丸々任されて、やり遂げたあの冬を信じて、期待いっぱいで始まった2017年。小島担3年目。

最初の現場は春松竹でした。千秋楽を任せてもらえたことに感激して帰りの新幹線でたくさん泣いたな〜。大好きなこじとわちゃんがたくさんだったり、可愛い猫中毒からかっこいいブリュレまで。ダンスもメキメキと上手になって、コントからダンスナンバーまで、かっこいいから可愛いまで、その大きな振り幅と勝ち取ってきた大きな信頼に夏以降への可能性を見出すことのできた春でした。

 

そしてJr祭り。
大きなステージに立って、とても広い、キラキラと輝く客席を、多幸感に満ち溢れたキラッキラの瞳で見渡しながらキーボードを弾く姿は多分オタク人生で一生忘れることのない姿だろうなぁと思います。東にだってキーボードを弾ける人はいるのに、3公演しっかりとキーボードとして支えた大阪城ホール。たくさんの刺激をもらえたかな。ここにメインで立って欲しい!って、そう強く思えた公演でした。

 

夏!こじれんの夏!大好きで楽しかった夏!演目が少年たちという、2年前の大抜擢の思い出の演目で、あの時こうだったのに今年はこうなってる!2年前はできなかったこんなこともできるようになってる!って新鮮に驚くことができて、また1つ成長を感じることができた、そんな夏でした。

 

銀幕デビュー。

初めての映像でのお芝居、初めての「コジマ」以外の役名、初めての大きなスクリーン、初めての舞台挨拶、そして、初めての東京でのお仕事。たくさんの初めてが詰まった作品になりました。東京での初めてのお仕事が見られたことが何よりも嬉しかったな〜😊嬉しかったからこそ貪欲になってしまって、東京の番組に出る小島くんを見たかったと、少し悔しかったのも思い出です。東京にいる小島くん、世界で1番かっこよかったよ!

 

そして初の地上波ゴールデンで踊るお仕事!エイトさんには感謝しか…!小島くん自身にも小島家にとっても歴史に残るお仕事だったのではと勝手に思ってます。春ぶりにこじとわも見られたよ!まさか最後だとは思いもしなかったよ!(やけ)

 

そして、小島くんが大きな覚悟と貫禄を纏った冬。大きな覚悟を纏って臨んだ次世代公演。

1つ前のエントリーを見ていただければ分かるように、この小島くんに、私は怯んでしまいました。あの頃想像していた未来よりも何百倍、何千倍、何万倍も輝くたくましい未来が今、ココ、現在になっていて、頭が追いつかない。かっこいいんだけど、嬉しいんだけど、少し私の許容範囲を超えてしまったんだな〜なんて、頭が追いつかないから、心までもが少し離れてしまった冬でした。

 

私も社会人になるし、小島くんも大学生だし、そろそろおしまいかな〜なんて複雑な気持ちで迎えた年明け。今日という日を迎えられないかもしれないと思った年明け。

ウェルセクin大阪城ホールで見たいと思った光景が、Jr祭りで見た夢が、抱いた思いが、見せてあげたいと思った景色がすべて現実になってしまったんです。

どんどん成長して、次のステップに進んでいく小島くんがすごくすごく嬉しくて、でもそれと同時に、私の中での小島くんとのストーリーが完結に向かってるのを勝手に感じて、だけどこれからの小島くんを楽しみにしたい自分がいて。この気持ちに整理がつくまでは、なんだか涙が流れ続ける気がするな〜。って、少し小島くんから離れてみることにしました。ちょうど現場も無かったし。

 

そんな時に決まった関西Jrの少年倶楽部収録in東京。ありがたいことに当選しまして。小島くんの節目の季節を2度も跨ぐ番組の収録だから、いないかもしれないと思いながらも、期待して行きました。収録に。カメラ割表を見た(見えちゃった)時に「小島」という文字を見かけて、すごく嬉しかったと同時にまだ続けるんだね、って複雑な思いも抱いてしまいました。

でもね、やっぱり東京でお仕事する小島くん、本当にかっこよかったんだ!また東京で小島くんを見られたこと、関東のJr担の目に触れる機会を得られたことが本当に本当に嬉しかったんだ!小島くんの姿を見た瞬間に、離れてしまっていた心がまた少し近づいた冬のおわりでした。

 

春松竹

 お笑いの春。コントの春。アドリブの春。

去年の春は出演者ローテ。千秋楽を任せてもらえた誇らしさとともに、なんでレギュラーじゃないの。小島くんよりも面白くないあの子(ごめんなさい)はレギュラーなのに。って実はちょっと悔しかったから、今年はコントでレギュラーとして出させてもらったことがとても嬉しかった。小島くんがフィーチャーされるシーン、1000人が小島くんだけに注目する場面。あの冬、とっても誇らしかった2016年の冬を思い出してやっぱり小島くんが好きだな〜、かっこいいな〜、応援したいな〜って思えた春でした。

 

実はこの春、私にとって少し辛い公演でもありました。セットリストを見ただけで涙が出てきてしまう、そんな公演でした。3年半前、死んだような目をして踊っていたあの曲も、3年前小島くんに降りると決めた時に聞いたあの曲も、2年前の春あの子たちと歌って踊ったあの曲も……思い出ばかりの春だったんです。3年半前、3年前、2年前の春…あの時小島くんの隣で、近くで笑ってた子たちの姿はもう見えないのに、どこかに思い出してしまう。少し苦しい春でした。

 

そういえば、お笑いを頑張ろうと決めたのも春だったよね。

 

気付いたら小島くん、すごーーーく先を行ってたね。気付いたら私の夢も大きくなってて、でもどうしよう。叶っちゃったよ?まだまだ小島くんと一緒に見られる夢、あるのかな。って、悩んでしまって。「次」がどうしても私には見えなくって。

 

でもこの春がとっても楽しくて、また1つ小島くんを尊敬しちゃう、信頼できちゃう、そしてこれからが楽しみになっちゃう春で。たくさんの試練を乗り越えた、諦めなかったこの春を経た小島くんが「次」に見せてくれる景色に期待しかない春になりました!

 

4年目!小島くんの環境も私の環境も大きく変わる年だけど、変わらず小島くんを応援できる4年目になると嬉しいな〜。

どちらもできるようになった君のどちらも好きになれるかどうか。

結論が出ないし、結論を出したくないから、なんかとてもふわっとしています。どちらも良いし、どちらかなんて決められないけど、本当はどっちなのか明確で。でもそれを言っちゃうと多分わたしはもう素直に応援できなくなってしまうと思うから。結論は出しません。(たぶん)が、今思うことを残しておきたいので残します。

この冬、2組に別れた関西Jr X'mas SHOWの、どちらの公演にも出演した、小島健くんのお話です。
兄組(室、向井、西畑、藤原、大橋、今江、朝田)
次世代組(大西、高橋、長尾、道枝)
今回のクリパはこの2組に別れて行いますと発表された10月頭。まぁ、小島くんは次世代組でしょ!と決めつけ迎えた兄組初日。
なんとなくそんな気がしてたけどそうだと思いたくなかったから、レポを見て、兄組にも小島くんが出演することを知り、「はぁぁぁあ〜〜〜〜(ため息)」でした。
楽器要員で良いように使われるのな〜そっか〜小島くんももう中堅だもんな、そんなポジションか〜と。

次世代公演初日、
小島くんはメイン、MCに出る、ソロパートあり。
私が夢のまた夢、叶うことはないだろうな〜と思っていた事実がいま、ここに並んでる。メインに食い込んだか〜!でもソロ曲はもらえてないあたりやっぱりな〜〜(贅沢)と、やっぱり良いように使われてる気がして。
今までも良いように使われては結果を残してここまで上ってきたんだから今回もチャンスとは思ったけれども、やっぱり自担が良いように使われて喜べる訳がなく。レポを見る気もおきずに、TLをぴゃーっと流してました。

迎えた次世代公演私的初日。
小島くんの、メインとしてステージに立つ姿、心の底から歌うソロパート、そしてMC。
夢にまで見た景色(本当に夢で見たわそういえば)がそこには広がっていました。そんな夢にまで見た小島くんの姿は、わたしが応援してきた3年間で、一度も見たことのないような、覚悟を纏った姿でした。
真面目で頑張り過ぎるくらい頑張る小島くんの纏う大きな大きな覚悟が、私には苦しくて、動揺が止まらなくて、でもとてもかっこよくて。
私が見てきたはずの、痛いほどに努力をして、それでも不器用だから少しずつしか前に進めなくて、だけど一歩一歩頑張って、なんとかかんとか目標に近づく、それでもまた失敗して先輩にイジられながら「あちゃー🤦」って反省する、あと1歩が上手くいかないけれどそこがかわいい、そんな小島くんはもうそこにはいませんでした。

怖くなるほどの、大きな大きな覚悟と責任を背負った小島くんには驚かされることがたくさんでした。

MCにて、最上手にたち、周りを見ながらトークをする小島くん
後輩が出てきたら自分のターンを後輩に譲って後輩を目立たせてあげる小島くん
後輩がマイクを口元に当ててなかったら(いつでも喋れるように)口元にマイクを当てておきなさいと叱る小島くん
後輩がおいしくなるようにしっかりとネタを仕込んだ上でステージに上がる小島くん
後輩がマイクを持って来なかったら、サッと自分のマイクを渡して、自分がマイクを取りに捌ける小島くん

そんなことができるようになったんだな〜。真面目な小島くん、しっかりと先輩たちがしてくれてたことを見てたんだな。それが当たり前にできるようになったんだな〜と。次世代公演での小島くんは、すっかりお兄さんになって、小島くんなりに、座長の流星ちゃんのことをしっかりと支えていたのだろうな〜と思いました。

そして、もう入れないと思ったけれど、お友達のおかげでなんとか入れることになった兄組公演。正直、良いように使われているだけだろうと思いながら入った公演。

全然良いように使われてない!!!むしろ任されてる!!というのが始まってすぐの感想でした。

兄組の公演では、MC振りと少しのコントを任されていました。そして、小島くんはしっかりとその任務に応えていました。兄組の小島くんは持ち前の小島ワールドを存分に出し、場を楽しませ、お兄さんたちにイジられながらいつもの、少しポンコツな末っ子小島くんでした。かわいいかわいい、私の知っている、いつもの小島くんでした。


こうして2種類の公演を見て、小島くん、可愛いもかっこいいも、弟もお兄さんも、どちらもできるようになったんだな〜と、しみじみとした気持ちになり、その成長した姿と、怖いくらいに責任感を纏って大人になったお顔を見て、謎の達成感に包まれました。


しっかりとメインとしての立ち位置をもらってやらせてもらった次世代公演と、先輩たちをたてることに徹した兄組公演と。兄組公演は小島くんだから任せてもらえたMCフリやコントもあったと思うし。ここから小島くんが何を学んだのか、聞ける機会があったら嬉しいな〜。なんて。

「楽器要員」ではなくて「小島だから」両方の公演に出て両方で見せ場をもらえた。次世代公演ではメインとしてMCにも出させてもらえた。「小島なら」兄組で吸収したことを次世代に還元できると任された。そう思いました。じゃなきゃ別に次世代公演MC出る必要なかったもんね!発表の時名前なかったし!

そしてしっかりとそれを全うした小島くんはもう、劣等生なんかじゃなくて、ポンコツなんかじゃなくて、兄組に1歩足を踏み入れた、しっかりもののお兄さんでした。

イジられることも、イジることも、弟もお兄さんもできるようになった小島くんの未来はとっても明るいけれど、なんだか少し怖くて。かっこいいんだけど、小島くんが纏っているものに恐怖を感じて直視できなくて。

日に日にレベルアップして、どんどん前に進んで行く小島くんに、ニコニコして可愛い、あと一歩が惜しい小島くんのことが大好きだった私の気持ちがだんだん追いつかなくなっていることが分かって。でもそれを認めることが怖くて。

次世代公演は正直苦しかったんです。売れてほしい、出番がたくさんほしい反面、ファンが増えていくことが素直に喜べない自分もいる。それでも小島くんはどんどん前へ行ってしまう。それがとても苦しかったんです。それと同時に、小島くん、もう私1人がいなくなったところでなんの問題もないじゃん!成長したね!しっかりした男性になったね!ってやり切った、見届けた気分にもなりました。

まだ、お兄さんができるようになった小島くんのことを素直に応援することができないけれど無理に好きになる必要もないと思うし、小島くんも高校卒業するし。

徐々にそっちも好きになってまた楽しく応援できる日が来ると良いな〜なんて思いながら、今は静かに、少しヲタ卒も考えながら春を待とうと思います。

あけおめコンの小島くんは最高に弟で可愛かった大好きな小島くんでした!そして、どう転ぼうとも「あ〜、私この子のこと一生嫌いになることはないな〜」なんて思えたのもあけおめコンでした!

\ハピバビバ/〜Hello小島健(18)の世界〜

 

2017年6月25日

今日は、小島健くん18歳のお誕生日です。

 

おかげさまで小島くんのお誕生日をお祝いするのも今年で3度目となりました。

 

17歳の小島くんは...

初出演のラジオ放送*1

 

Another

 

初めてのジャニーズフューチャーワールド

 

初めてのギター演奏

 

コント

 

大阪城ホールでのコンサート

 

初の映画出演*2

 

と、たくさんの初めてを見せてくれました。

見たい!見せてあげたい!と思える光景を思い浮かべられるような現場や、こんなこともできたの⁉できるようになったの⁉と驚かされるような出来事。

その全てに小島くんの努力が見えるような気がして、言葉通り、本当に頑張ったんだなぁ、報われ始めてるなぁ、と。

17歳の小島くんを見て、何回嬉しい涙を流したかなぁ...

そしてなにより、こじれん*3や、こじれじ*4、こじとわ*5や、晴晴こじ*6など、私が大好きな組み合わせがたくさん見られたこともとても嬉しかったです。(エゴです)

 

16歳の小島くんが、たくさんのファンを連れてきて、17歳の小島くんが更なる注目を集めて、しっかりと自分の立ち位置を確立して、初日や千秋楽を任されるような信頼を得て。

 

さて、今日から18歳。

高校は卒業だし、車の免許は取れちゃうし、選挙にも参加できちゃう‼昨日までくぐれなかった暖簾の先にも行けてしまう。(すごく行きたそう...)結婚だって出来ちゃう18歳。22時以降のお仕事にも参加できますね。私の夢が叶いそう!(私の夢は小島くんに全国ツアーに連れ回してもらうことと、カウコンで団扇を持つことです!)

 

1つの節目の年にもなるのではないかと思います。勉強とJr.の活動の両立を頑張りたいと言っていたので、私はその言葉を信じて応援するつもりでいます。

18歳。制限がなくなり、お仕事の幅も広がるかな。18歳の小島くんがどんな景色を、どんな「やりたい」を見せてくれるのか、とても楽しみにしています。

 

小島くんがやりたいと思う、楽しいと思うお仕事、見たいと思う景色がたくさん見られる18歳の1年になりますように...☆

 

体に気を付けて、今、楽しいと思えることを全力で、精一杯に楽しんでくれれば、私はそんな小島くんが見られれば、それだけで幸せです。

18歳のお誕生日おめでとう。1度しかない18歳、上へ、前へ、全力で楽しめ~!!

 

※こんなに18歳を連呼してるのは18歳の小島くんを未だに受け入れられていないからです。

※タイトルはあまり気にしないでください 笑

*1:収録は17歳になる直前

*2:公開は8月

*3:島健と吉岡廉

*4:島健と大谷玲爾

*5:島健と毛利柊和

*6:福本大晴と石澤晴太郎と小島健

劣等生からヒーローへ!

 

知る人ぞ知る、産経新聞の関ジュコーナーに小島健くんが出た際のタイトルまんまです。何も捻ることができずすみません。

 

今日は

新幹線の中で泣きながらツイートしてたため、周りに変な目で見られお話するのを止めたこのお話。

 

前回の記事で、小島くんのことを、自信のない子なのではという内容の話をしたんですけれども。分かってます。分かってました。本当に小島くんに対して自信がないのは私だったんです。

だってさ〜「小島担です♡」って言うとみんな失笑するじゃないですか!こんなに良い子、かっこいい子、信頼できる子いないよ??なのにキャラばかりが皆さんのイメージに焼き付いてしまって「小島www」ってなるじゃないですか。

「誰担?」って聞かれて「笑わないでね」って前置きするのすっっっっっっごく!ものすんんんんごく!悔しいんですよ!!!

 

という愚痴にも近い前置きはここまでにして。

劣等生からヒーローになる小島くんのお話です。

まあ、ツイートの内容が全てではあるんですが。

彼、もともとは特技披露も「小島やってみろ!」って言われても「いや、僕は良いです。」って答えるような子だったんですよ。ダンスもまともに踊れず、隣で踊ってる吉岡廉くんを確認しながら2テンポくらいみんなより遅れて踊り、笑顔も作れず真顔でネコのポーズ。運動神経も良くないし何より全く喋らない!

 

そんな劣等生が、「辞めても良い」って言われたことをきっかけに、「逃げずにやったろ」とヒーローになるべく頑張ったんです(;_;)頑張りすぎて心配になってしまうくらいに努力を重ねたんです(;_;)今も頑張り続けてるんです(;_;)

 

そして今、彼の努力が実り始めます。

 

私の記憶が正しければ、2016年の春の松竹座公演からは必ず、初日か千秋楽のコントや漫才に選んでもらっているんです。

  • 2016年春 千秋楽 学校コントにて学生役として出演。(例のまんじゅう事件)
  • 2016年夏 初日 オーディションコーナーにて、半袖半ズボンで風雅ちゃんと漫才
  • 2016年冬 1ヶ月の公演で1つのコーナーを斗亜ちゃんと共に丸々担当。(こじとあ劇場、毎日違うネタ)
  • 2017年春 千秋楽 家族コントにて園児けん役で登場。(JKお姉ちゃん役は大晴)

 

ほらね。すごいでしょ。小島くんってすごいんです!

何もできなかった、振られても「僕は良いです」って言ってしまっていた劣等生が、初日や千秋楽を任せてもらえるほどの実力を身につけ、信頼を得たのです。かっこいい!!

 

そして何よりも、初日や千秋楽に、「今日は小島くんがコント出る!ローテ回ってくる!」って自信を持って言うことのできる自分のことが嬉しいです。

ありがたいことに、この春は千秋楽に入らせていただけたのですが、「今日はJKかなぁ~園児かなぁ~」以外の考えが無いままに開演を迎えた自分に気づいたとき、涙が止まりませんでした。

それと同時に、劣等生だって努力次第でここまでの信頼を得ることができるんだと、勇気が出ました。(私もかなりの劣等生なので...)

君が目指す‘ヒーロー’は多分、漫画の主人公のような強くてかっこいい、みんなに勇気を与える、正義の味方なのだろうと思います。

小島くんの頑張りから勇気をもらえる子、これからもたくさん出てくるんじゃないかなぁ。少なくとも私は、小島くんからたくさんの勇気をもらいました。

 

君が憧れるような、圧倒的な存在になれるかはわからない。けれど、君なりのヒーローで良い!だってもう、既に私にとってはヒーローみたいなアイドルで、誰かにとってもきっとそうだから。

とってもかっこいいから、やっぱりすごく信頼できるから。

君が頑張ると言い続ける限り、私は応援し続けます。

 

今こそ君は

本当のHero

そのまなざしが

世界に勇気与える

Hero

You're Hero!

 

小島健くん3年生、始めました。

2014年の少年俱楽部in大阪でビビっときて、私この子を応援する!と宣言してみたものの、中学生に降りる勇気がなく、ズルズルと約半年が過ぎた2015年3月24日の春の松竹座で小島くんに降りました。そして今日で2年。小島健くん3年生、始めました。

 

 

私が初めて見た小島くんはまだ中学生で、楽ちゃんの後ろで思いっきり両手を挙げて慣れない笑顔と共に手を振り、柊和ちゃんや伊織、奥村くんと一緒にハピラキを歌って踊っていました。そしてまだ、どこで検索をかけても何も出てこない。ファンがいるのか不安になるほどに情報がありませんでした。(当時もファンはいましたよ!)

 

 私が堕ちた小島くんです。

 

こんなに綺麗な顔で不器用なかわいい子、みんな知らないなんてもったいない!と思いつつも、すぐに辞めるだろうからこの子を最後の担当にしようと決めました。全然辞めないね!むしろ大活躍でびっくりだよ!でもお陰で楽しい日々を送っております。

 

今までの担当、今まで見てきたアイドルの中で、アイドルとして1番信頼できる子だと思っています。プライベートが謎な点も、空中ファンサしがちなところも全部。何よりも、まじめで努力家なところが。

 

私は、小島くんのことをとても心優しい子だと思います。2016年の冬の松竹座公演で毎日任されていたコント。オタクの真似をしてたこともあったけれど(笑)小島くんの作るコントは、何か伝えたいことがあるんじゃないかなと思わせる内容のものが多かったなぁと思います。それは、平和だったり、人間の本質であったり、正義であったり友情であったりとスケールの大きすぎるものだから、高校生の彼にはいまいち伝えきれなかったんだろうけれども、何か言いたい、伝えたいことがあるんだろうなということは感じ取れました。*1

 

「心優しい子」と同時に私は、小島くんを見ていて、この子は自信がない子なんだろうなぁと思います。

「オレはかわいくない」

「オレのことは良いねん。」

「勝てるのは頭しかない」

などの過去の発言や、自分のやったことに妥協せず、納得しないところも、よく言えば意識が高い努力家。でも多分、自信がないからこそなんだろうなぁと。

だから私は、少しでも小島くんが自分に自信が持てるように、お手紙にはダメ出しではなく、良いところや、かっこいいよ!上手だよ!ということを書きます。自分に自信がなく、納得いかなくて、頑張りすぎるくらい頑張ってる小島くんに頑張れなんて言葉を書くことができず、今を精いっぱい楽しんでね!と書くことがやっとです。*2

でも返ってくる言葉はいつも「僕も頑張ります!」なんだよね。

 

頑張れって、言ってあげられなくてごめんね。

デビューしたいとはなかなか公言しないので、デビューって口に出してる子のファンをとてもうらやましく思った時期もありました。正直、今も思います。その子と同じ方向を向いて、一つの場所に向かって応援できるから。とても羨ましいです。有言実行の人たちは本当にかっこいい。

2016年2月発売のTVfan内の、関西ジュニアの連載「めちゃかん」のインタビューで、「人見知りを直したい」と言った小島くんが、古謝くんに「次の取材のときに、直りましたって言えるようになろう?」と言われ、「雑誌で言うの怖いよ~(笑)」と発言しています。

これを読んだときに私は泣いてしまいました。

(笑)とは付いているものの、おそらく本心から出ている言葉で、今まで小島くんが、大きな目標を公言してこなかった理由なのだろうと思いました。

でもなんとなく、最近は言葉の節々や小島くんの描く絵から、小島くんの目指すところが分かるような気がして。なので言うのが怖いなら言わなくて良い!有言実行の人は確かにかっこいいけれど、不言実行だってかっこいいじゃない!しっかりと努力のできる人だから、信頼して、小島くんがステージに立ち続ける限り、3年目も、5年でも10年でも!ずっとずっと応援していきます。私にとって小島くんはいつも、かっこよくてかわいくて面白いヒーローです!!

 

P.S.1ヶ月前から書き始めて色々校正してたのですが、途中で産経新聞というとんでも爆弾が投下され、そこについても言及したかったのですが、ちょっとここでは語り切れないと思ったので、産経新聞についてはまた後日どこかで…

*1:特に深い意味はないかもしれませんが 笑

*2:色んな価値観があると思いますので、あくまで私のスタンスです。

小島くんのお仕事2016

昨日、12月25日、ジャニーズWEST初ドーム公演のファイナルで現場納めました。12月24日前楽で松竹座納めました。昨日のドーム公演がエモすぎて、未だに心が満たされていて、この気分のうちに2016年、小島健くんのお仕事について振り返っておこうと思います。

 

まず2016年、一言で言うと、とっても楽しかったです!漢字1字で表すと…

なんだろうなぁ、すごく私の心に優しい年でした。1月から順に振り返っていきながら、優しいポイントをあげていきます。

 

1月

3日4日ジャニーズWESTコンサートツアー2016ラッキィィィィィィィ7大阪城ホール公演バック

6日7日 Youは何しに!?タッキー&翼CONCERTそこにタキツバが待っている 正月は東京・大阪へ」大阪城ホール公演バック

ジャニーズWESTのコンサートツアーメインバックを期待していたので行ってません。見てませんので何も書けませんが、小島健くんの2016年仕事初めです☆

24日 TVfan関西ジャニーズjrの連載「めちゃかん」初登場with正門

ビジュアル最高!可愛い!2016年最高の始まりでございました。素敵な誕生日プレゼントでした。ここで披露されたエピソードで一番強かったのは、まだ中学生だった小島くんが浜中文一くんのソロのサウンドチェック中に暇だからキーボードにもたれて寝て、激怒されたお話です。

 

2月

小島くんから最後のお手紙が届きました。この後から返ってこなくなったよ(^^)

この月発売された雑誌が、柊和ちゃんと晴太郎との3ショットでした。(優しいポイント①)

 

3月

9日 Jr.カレンダー発売日

小島くんのページはまさかのカレンダーでないという…!

24日25日ジャニーズWESTコンサートツアー2016ラッキィィィィィィィ7大阪城ホール公演バック

ちょうど降りて1年のこの日、行きたかったけれど、春の松竹座公演を控えていたため行ってません。

31日 関西ジャニーズjr春休みスペシャルshow2016初日

初日に行かせていただきました。最高でした。楽しすぎて何も言えないほど楽しかったです。怒涛の懐古メドレーや、DKちゃんたちのコント、大好きな曲ばかり。1582で仮面被ってバックに出てくるのですが、小島くんだけ秒でわかるという(笑)ジャニショでの公式お写真も混合を含めて9枚も出していただきました。

そして何よりもこちら。

こじれじれん!!

おそらく以前の記事とかで書いてると思うのですが私はこじれじれん厨でございます。(優しいポイント②)

TAMERで、赤名正門が出てきたときには正直、またダンス選抜から落ちたかぁ、とショックを受けました。が、その後下手に見えたシルエット。嘘でしょ!?と。泣きました。まさかまたこの3ショットが見られるなんて思ってなかったです(泣)

小島くんの高校1年生最後の日、とても良いものが見られました。

 

4月

~11日関西ジャニーズjr春休みスペシャルshow2016

川北翔ちゃんと漫才をしたり、執事小島になったり、10日は小島回だったと聞きました。昼公演で失敗して(失敗じゃなかったけど本人的には失敗)自ら文一くんにもう一回やらせてくださいと頭を下げて夜公演でしっかりと笑いを取る小島くん。そういうところがすきなんだよ~(泣)袖で泣いた日もあったってね。高校2年生の始まりにとても良い経験をすることができたんだなぁと母のような気分で見ておりました。

5日 ジャニーズWebプロフィール写真初登場

とてもうれしかったです。綺麗な白い歯を見せてニコッと笑ってとてもかわいいお顔でした。

16日 映画「関西ジャニーズjrの目指せ!ドリームステージ!」公開

小島くんはエンディングの松竹座での映像のみ参加。エンドロールにもお名前載せていただきました。むだに立ち位置入ったなぁ~

 

5月

3~5日 Welcome to Sexy Zone 大阪城ホール公演バック

行くつもりなかったのですが、レポでこじれじれんが見れるというのを見た瞬間に交通とチケット、手配してました。大阪城ホールの大きなモニターに映し出されるマイクを持った小島と肩を組む吉岡、大谷。この瞬間だけに定価出せました。(優しいポイント③)

 

6月

お仕事は雑誌撮影やまいジャニ出演かな。(まいジャニはこの月の収録はお呼ばれしてません)

25日 17歳のお誕生日

1年前とはくらべものにならないくらいたくさんの方からお祝いのツイートをしてもらえてて、本人に届くかはわからないけれども、私がとてもうれしい気持ちになりました‼テレビ誌の公式Twitterでもお祝いしてもらえました。

 

7月

1日~3日 「Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR2016 I SCREAM」京セラドーム大阪公演バック

例に倣っていってません。

3日 「関西ジャニーズjrのとれたて関ジュース」スタート初月登場!(3日、10日、17日、24日、31日出演)

初回はメインだろうなぁと、ふわーっとしてたらまさかの初回に抜擢!西畑、正門、小島の3人で担当しました。初めてのラジオ出演、初めてのMC、甘い言葉等、いろいろ頑張ってました!

 

8月

2日~26日「Another&Summer Show」

役はクズな船員コジマ。見るたびに演技が上手くなっていく小島くんを見られることがとても幸せでした。そしてずっと吉岡と一緒にいる!こじれん!(優しいポイント④)ショータイムは全部バンドで、踊ってる姿が見たかったけれど、とても良い夏でした。

31日 少年倶楽部in大阪

座ってキーボードを弾く(足長すぎて余ってる)可愛い小島くんやDKちゃんたちとコワレソウ踊るかっこいい小島くんとか。今年の夏はとても良いビジュアルでした。

 

9月

7日 少年俱楽部in大阪2週目

オープニングのUMEからマイク持たせてもらって、少し不発のビバや晴太郎との漫才。すごく面白かったしかっこ良かった!漫才はおそらく納得いってないはずなのでどこかで必ず2人でリベンジしてください!

f:id:chicosbellos0324:20160913165432j:plain

 

10月

1日2日「ABC-Zコンサート2016」大阪城ホール公演バック

8日~25日「Johnny's Future World in 梅田芸術劇場

ギターを頑張りました。大橋君の馬跳びの土台になりました。かわいいかっこいいピンクの衣装を着ました。ビグゲが上達しました。フォトセットもステージフォトも。、パンフレットにまで載せてもらいました。ポスターにも載りました。

 

11月

30日「関西ジャニーズjrX'mas show2016」初日

伝説のこじとあちゃんコーナーの始まりです。題材は「カリオストロの松竹座」

 

12月

~25日「関西ジャニーズjr X'mas show2016」

ハピラキでは龍太くんの後ろで下手から怜爾、小島、吉岡の並び、クリスマスメドレーでは怜爾と晴太郎と仲良し手繋ぎ(優しいポイント⑤)

斗亜ちゃんとのコントは1度も同じネタが無く、本当に天才だと思いました。何より内容が深い。何かを伝えたいということが伝わってくる、優しい。並外れた発想力、想像力で他担の方々の度肝を抜き、印象に残ったのではと思います。またどこかで見られるといいな。

キーボードではソロで弾くシーンもあり、本当にかっこ良かったです。

 そして、本人たち曰く地獄の3部作!小島くんはBe Coolからの参加でした。Be Cool、すごくきれいに踊れるようになっていてびっくり!努力が伝わって来すぎてひたすら泣きました。そしてビグゲ。今江ちゃんに頑張ろなって言ってもらいながら、晴太郎と励ましあいながら、怜爾とハイタッチで鼓舞し合いながら(優しいポイント⑥)気力だけで踊ってる時もありました。よく頑張りました!

24日25日ジャニーズWEST初ドーム公演「24から感謝届けます」京セラドーム大阪バック

クリパをやりながらのバックのお仕事。こちらも全力で、ジャニーズWESTの初ドームをサポートしていました。大きい会場でマイクを持たせてもらえたこともとてもう嬉しかったですが、あの光景を、エモすぎる、夢を叶えて号泣するWESTとそのファンの姿を小島くんも目の当たりにしたことが一番嬉しかったです。この光景を見て、来年は、「デビュー」の4文字を口に出してくれたらいいなぁと、淡い期待を抱いています。

 

雑に長くなってしまいましたが、1年の振り返り終了です。この他にまいジャニ収録や雑誌の取材、学校生活、稽古とたくさんの仕事、プライベートをこなした大忙しな1年だったと思います。

読んでいただけるとわかるように、2016年はこじれじれん*1が並ぶ機会がとても多く、ずっとそれを求め、赤トリオ結成時にもう見られないと諦めた「それ」がたくさん見られたことがとても私の心に優しかったなということで「優」が今年の漢字です。

 

個人的には、立ち位置変更に伴い、今年最後の現場で2度も、小島くんの前で小島くんのうちわを持てたことがとても嬉しかったです。

2017年は高校3年生、18歳になる小島くん。ここ数年の目覚ましい飛躍に負けないくらいの飛躍、活躍を期待しています。

今楽しいと思うことを全力で楽しんでほしいです!

 

最後に

2016ねんべすとおぶ小島。

*1:島健大谷怜爾、吉岡廉

小島健くんってどんな子?

私の日課は1日の終わりに「こじけん」「小島健」というワードをTwitterで検索し、「こじけんって美しいな」「こじけん気になる」というツイートを見ては「でしょ!?美しいでしょ!気になるでしょ!もっと知りたいでしょ?」とツイートしてる人のページに飛んで全力でステマをしに行きたい気分に駆られることです。もちろん大迷惑だと思うのでそんなことはしません。

 

さて、今年も年に1度の祭典、少年倶楽部in大阪も終わり、関西担はもちろん、デビュー組担の方も少なからず一人は、気になるKJ(懐かしい)を見つけたことと察します。それが小島くんであったなら嬉しいなと思いながら、小島くんについて、普段はできない全力のステマを行いたいと思います。

 

in大阪でキーボードを弾き、おもてなし隊で1組目に石澤晴太郎くんと「交通事故」という漫才をしていた子です。

 f:id:chicosbellos0324:20160913165432j:image

右の青い子

 

まずはプロフィールから。*1

名前:小島健(こじまけん)

あだ名:こじ、けん、こじけん、こじま

出身地:大阪府

誕生日:1999年6月25日

血液型:B型

身長:175.5cm

靴のサイズ:27cm

趣味:カードゲーム

 

ちなみに、好きな食べ物は肉と柿の種で、柿の種はお腹が空いてなくても食べてしまうそう...

 

私から見た小島くんは、すごく不思議で独特な感性の持ち主ではあるが、とても真面目な努力家であり、また誰とでも仲良くなれるとても良い子であるという印象を受けます。男子高校生らしい一面ももちろんあります。

 

では、雑誌のエピソードから、小島くんが一体どんな子なのか読み解いていきたいと思います。*2

 

独特な感性の持ち主!?

関西ジャニーズjrのレギュラー番組「まいど!ジャーニー」*3でも、『独特な感性を持つ男、小島健』と紹介されるほどの不思議系男子、どれほど不思議な子なのでしょうか...(注:いわゆる天然ポンコツですが想像の上を行きます。)*4

 

  • 当時のバンドメンバー*5でセクシーゾーン名古屋公演集合時、電車で爆睡していたため、15分前に来た連絡に返信せず他のメンバーを焦らせる。
  • 2013年クリパにて、晴太郎、柊和、吉岡、伊織、怜爾、小島で手をつないでグルグル回っていたらコケて、靴も脱げる。
  • MYOJOのドッジボール企画にて、味方の柊和が投げたボールが顔面にぶつかる。
  • 「ジュニア活動で、この4人(福井、福本、正門、小島)で何かするの初めてちゃう?」と大晴に言われ「こないだリハの帰りにラーメン食べに行ったやん」と答える
  • 好きな女の子にどうアプローチするかという質問に対して、「最初はグイグイ積極的にいくけど、別れた後のことを考えたら怖いから後半離れていく」となぜか付き合ってもいないのに別れた後を心配する。
  • 松竹座長期公演の目標は「筋肉を付けたいっす。」(松竹座関係ないやん(笑)by大晴)
  • 「女兄弟がいると女心がわかる」という柊和の説が、小島の顔が浮かんだことにより瞬時に打ち消される。
  • 少年たち赤チームが、演技が初めての子が多くて不安だったという話の流れから、「みんな思ってたよりしっかりしてくれてて、良かった」となぜか上から目線。
  • 雑誌の撮影で真っ先にピースする。
  • 正門のことを卵みたいだと言う。(外見は怖くてかたいけど、中身は優しくて柔らかいと言いたかったらしい...)
  • 文化祭のクラスTシャツに不適切な言葉を書き足し先生に没収される。
  • 小さい頃はクレヨンしんちゃんに憧れていて、よくお尻を出してしまっていた。
  • 2年ぶりに苦手なジェットコースターに乗り、自分なりの攻略法を見つける。その方法とは「首を振る」(死んじゃうからやめて)
  • お化け屋敷は女の子と入ると抱きついてくれそうだから好き。
  • 嫌なこととかがあると木に八つ当たりして頭をぶつけたり叫んだりする。
  • 人間として器用になりたい。
  • 文一くんのサウンドチェック時、暇だと判断し、キーボードにもたれて寝る。当然、文一くんに怒られる。
  • オリジナルサウナ(お湯をいっぱいに張った湯船に入りふたを閉め、お湯から鼻だけ出して息をする)にはまっている。
  • 入所したての関西が誇るショタ、大西風雅ちゃんに、電話で親から怒られた話をする。
  • 初めてリハに参加した赤名のことを「あいつオカマやで」とみんなに言いふらす。
  • 自分が小6だったときに小1だった子に5年ぶりに会ったら小6になっていたことに驚く(コジケン様と呼ばせていた。)
  • 急に「伏せろ!」と、銃撃戦ごっこを始め、後輩で3個下の長尾くんを付き合わせる。
  • そんなくだらない遊びに付き合ってくれる優しい長尾くんは小島くんにとって「友達以上兄弟未満」言い方を変えると「天敵」。

 

 だけどすっごく真面目なんです!

上記に挙げただけでも一部でまだまだエピソードは尽きないとても不思議な子ですが、とっても真面目で努力家なんです。昨年の少年たちの大抜擢により、先輩からも認識されたらしく、たくさんのエピソードが語られています。が、大体本人談なところがまた小島くんらしいです。先ほどと同じ参照元から、小島くんの真面目エピソードを抜粋します。

 

  • 少年たちで小島がどんな子か理解した丈くん「おもしろいしいろいろ聞いてきてくれる」(これを機に小島の尊先に丈一郎くんがinしています。)
  • 少年たちが始まる前は逃げたいくらい不安だった。
  • リハ中にめげたこともあったが、外を走ったり、みんなより早く稽古場に行き練習して乗り越えた。
  • クリパのオープニングで、関ジャニ∞村上くんの「バカになろうぜぇ」を真似してみたが、パクリはあかんと思い現在自分の決め台詞を考え中。
  • 練習終わりに一人で鏡を見て練習をしている。
  • 成績が上がった教科を伸ばしさがってしまった教科も「俺ならやればできる」と鼓舞する。
  • 誰かが落ち込んでいたら?「声をかける」(即答)
  • 面倒見が良く、後輩に怒った後でも、しっかりと相談に乗ってあげる。
  • 龍太くんを困らせずに五分五分になれるように成長したい。
  • 地道でもちょっとちょっと上がっていく。本当に必要なのは「自分の意識」

雑誌で語られているのはこんなもんですが、春の松竹座のコントで上手くできず、自分から頭を下げてリベンジをしたという涙なしでは語れないエピソードもあります(涙)

 

尊敬する先輩は、赤名くんに取られがちですが、入所時からぶれずに中島健人くんです。最近は小瀧望くんや藤原丈一郎くんも併せてあげられますし、一瞬だけ桐山くんをあげていた時期もありましたが、中島健人くんだけは変わりません。

 

何番煎じか分かりませんし、某まとめのようになってしまいましたが、少しでも興味をもっていただければと思います。私は、密かに彼のことを「実写版のび太」と呼んでいます。*6

 

関西ジャニーズjr、たくさんの沼が存在しますし、全員もれなく可愛いです。小島くんと同期の子や、年の近い子に関しては答えられると思いますので気になる子がいたら聞いていただければお答えします。(関西担にはステマ上手な方たくさんなのでその方のブログを読むのが早いかもしれませんが...)

こんなにかっこいい子なんですよ~↓↓

顔がとっても可愛いです。

横顔は人類の奇跡様にも劣らない美しさです。

 

知れば知るほど気になる、そして、報われてほしい、夢を叶えてほしいJrNo1間違いなしです!*7

*1:MYOJO2016年10月号データカード参照

*2:私の知る、所持している雑誌からのエピソードで、主に2014年4月以降のアイドル雑誌を参照とする

*3:毎週日曜日朝9:30よりBSフジにて放送中

*4:エピソード過多につき、インパクトの強いものを厳選

*5:ギター:正門良則、ベース:楠本幸登、ドラム:朝田淳弥、キーボード:小島健

*6:のび太よりは真面目です。

*7:自担補正かかりまくり