読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が一番輝く瞬間を

小島健くんを中心に関西12年組ととあくんと...

小島健くん3年生、始めました。

2014年の少年俱楽部in大阪でビビっときて、私この子を応援する!と宣言してみたものの、中学生に降りる勇気がなく、ズルズルと約半年が過ぎた2015年3月24日の春の松竹座で小島くんに降りました。そして今日で2年。小島健くん3年生、始めました。

 

 

私が初めて見た小島くんはまだ中学生で、楽ちゃんの後ろで思いっきり両手を挙げて慣れない笑顔と共に手を振り、柊和ちゃんや伊織、奥村くんと一緒にハピラキを歌って踊っていました。そしてまだ、どこで検索をかけても何も出てこない。ファンがいるのか不安になるほどに情報がありませんでした。(当時もファンはいましたよ!)

 

 私が堕ちた小島くんです。

 

こんなに綺麗な顔で不器用なかわいい子、みんな知らないなんてもったいない!と思いつつも、すぐに辞めるだろうからこの子を最後の担当にしようと決めました。全然辞めないね!むしろ大活躍でびっくりだよ!でもお陰で楽しい日々を送っております。

 

今までの担当、今まで見てきたアイドルの中で、アイドルとして1番信頼できる子だと思っています。プライベートが謎な点も、空中ファンサしがちなところも全部。何よりも、まじめで努力家なところが。

 

私は、小島くんのことをとても心優しい子だと思います。2016年の冬の松竹座公演で毎日任されていたコント。オタクの真似をしてたこともあったけれど(笑)小島くんの作るコントは、何か伝えたいことがあるんじゃないかなと思わせる内容のものが多かったなぁと思います。それは、平和だったり、人間の本質であったり、正義であったり友情であったりとスケールの大きすぎるものだから、高校生の彼にはいまいち伝えきれなかったんだろうけれども、何か言いたい、伝えたいことがあるんだろうなということは感じ取れました。*1

 

「心優しい子」と同時に私は、小島くんを見ていて、この子は自信がない子なんだろうなぁと思います。

「オレはかわいくない」

「オレのことは良いねん。」

「勝てるのは頭しかない」

などの過去の発言や、自分のやったことに妥協せず、納得しないところも、よく言えば意識が高い努力家。でも多分、自信がないからこそなんだろうなぁと。

だから私は、少しでも小島くんが自分に自信が持てるように、お手紙にはダメ出しではなく、良いところや、かっこいいよ!上手だよ!ということを書きます。自分に自信がなく、納得いかなくて、頑張りすぎるくらい頑張ってる小島くんに頑張れなんて言葉を書くことができず、今を精いっぱい楽しんでね!と書くことがやっとです。*2

でも返ってくる言葉はいつも「僕も頑張ります!」なんだよね。

 

頑張れって、言ってあげられなくてごめんね。

デビューしたいとはなかなか公言しないので、デビューって口に出してる子のファンをとてもうらやましく思った時期もありました。正直、今も思います。その子と同じ方向を向いて、一つの場所に向かって応援できるから。とても羨ましいです。有言実行の人たちは本当にかっこいい。

2016年2月発売のTVfan内の、関西ジュニアの連載「めちゃかん」のインタビューで、「人見知りを直したい」と言った小島くんが、古謝くんに「次の取材のときに、直りましたって言えるようになろう?」と言われ、「雑誌で言うの怖いよ~(笑)」と発言しています。

これを読んだときに私は泣いてしまいました。

(笑)とは付いているものの、おそらく本心から出ている言葉で、今まで小島くんが、大きな目標を公言してこなかった理由なのだろうと思いました。

でもなんとなく、最近は言葉の節々や小島くんの描く絵から、小島くんの目指すところが分かるような気がして。なので言うのが怖いなら言わなくて良い!有言実行の人は確かにかっこいいけれど、不言実行だってかっこいいじゃない!しっかりと努力のできる人だから、信頼して、小島くんがステージに立ち続ける限り、3年目も、5年でも10年でも!ずっとずっと応援していきます。私にとって小島くんはいつも、かっこよくてかわいくて面白いヒーローです!!

 

P.S.1ヶ月前から書き始めて色々校正してたのですが、途中で産経新聞というとんでも爆弾が投下され、そこについても言及したかったのですが、ちょっとここでは語り切れないと思ったので、産経新聞についてはまた後日どこかで…

*1:特に深い意味はないかもしれませんが 笑

*2:色んな価値観があると思いますので、あくまで私のスタンスです。